This Category : えんため

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 
2009.10.03 *Sat

アマルフィ 女神の報酬

上映終了になってしまう前に、なんとか映画館で見てきました!

映画の日のTOHOシネマズ西宮で、プレミアスクリーンと呼ばれるキャパは
小さいけど、なんだか椅子がとっても高級感のある座りやすいものだったり、
隣の席との間にも広めの台やら荷物置きがついていて、なんかわからんけど
快適だな~と思ってたのですが、後日ネットで見たら、そこは普段は値段も
ちょっぴり高いファーストクラス仕様の座席スタイルになっていて、シートも
リクライニングできたんだそうな。やーん、やってみたらよかった~。

日本人旅行者の少女が失踪?!ってな、昭和の2時間ドラマのような始まりで
どうなるのかと思いきや、実は背景にもっと大きな出来事が関係していたりして、
後半まで全く話の行方が読めない結構面白い作品でした。

外交官役の織田裕二氏が、度々青島警部に見えそうにはなりましたが笑。

アマルフィをはじめ、イタリア各地の風景がとっても美しかったです。

イタリア行ったことないんだよな~。行きたいな~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2009.08.08 *Sat

「星の大地に降る涙」@梅田芸術劇場 2009.8.11

地球ゴージャスプロデュース公演vol.10 「星の大地に降る涙」
作・演出:岸谷五朗   主題歌:EXILE
出演:岸谷五朗 寺脇康文 三浦春馬 木村佳乃 音尾琢真(TEAM NACS)


vol.9に続き2度目の地球ゴージャス公演。
お芝居の中でも音楽の要素の多いゴージャスの舞台はそれだけで楽しみですが、
今回の目玉は何と言っても三浦春馬くん!

ホンモノはそりゃもうイケメンの一言で済ませてしまうのが申し訳ないくらいのステキ男子☆
どれだけ汗がほとばしろうとレモンの香りがしそうな気配のさわやかっぷり。
今回が初舞台らしいけど、殺陣も踊りも歌も他の出演者に負けず劣らずの堂々たるもので
見てるお姉さん達のハートを間違いなく鷲掴みにしていたものと思われます笑。
カーテンコールの時の笑顔やら、手の振り方やらまでがいちいちかわいくて、その度に
殺されていく観客女子達。。。将来有望すぎる~。

肝心のストーリーは結構よくわからない展開だったり、最後にはイキナリ新撰組オチかいっと
思わされる部分もありましたが、ゴージャスはそれでもなんでもオッケーな気がする。
岸谷・寺脇のアドリブ合戦は、とにかくそうとう楽しめる爆笑モノでした。
なのに、歌えるし踊れるし三味線やら和太鼓やら演奏できるし、、、なんたるエンターテナー。
あっという間の3時間でした。
劇場でもらったフライヤーによるとvol.11は来年夏らしい。ああ、また行かにゃー。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2009.06.24 *Wed

ONE FOR ALL。

映画 「ROOKIES~卒業~」を見ました。
中高生かいっと突っ込まないでください。見たかったんです。

内容は想像していたとおり、ベッタベタな超がつくほどの青春群像劇で、
佐藤隆太くん演じる川藤先生のクサい台詞の数々も健在でした。

「夢にときめけ!明日にきらめけ!」
「道を切り開くものは自信と勇気だ。」
「無駄な努力なんて何ひとつない。」


ネットのレビューでは、泣けます、感動しました!と同じくらい、
ありえない展開でしょ、安っぽい、高校野球を馬鹿にしてる、等々
辛口な評価もありましたが、、、

いーじゃん、マンガなんだから、作り話なんだから。
例え先が読めようが、ありえない展開だろうが、感動できるところでは
気持ち良く感動して楽しめなきゃもったいないのになー。
よかった。単純な脳みそで笑。

わざわざ映画にしなくても、ドラマスペシャルでもよかったかなーとは
ちらりと思いましたが、GReeeeN「遥か」に乗って映されていく学校の
校舎や教室、廊下やグラウンドといった景色には、なんだかちょっぴり
ノスタルジックな気持ちになりました。嗚呼、青春。。。
あと、エンドロールで流れる主要キャストの名前が、ニコガクメンバー
それぞれの手書きになっていたのがすごいよかった。

あー。1週間くらいだけ高校時代に戻りたいなー。
試験とかめんどくさいから1週間だけでいいけどね笑。

ゴー。ニコガク。ゴー☆

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2009.06.21 *Sun

2009.6.11 メカロックオペラ「R2C2」@シアターBRAVA!

20090612215349

大パルコ人 メカロックオペラ
R2C2 ~サイボーグなのでバンド辞めます!~
作・演出:宮藤官九郎  音楽:富澤タク
出演:阿部サダヲ 森山未来 三宅弘城 皆川猿時 近藤公園
    平岩紙 宮藤官九郎 片桐はいり 松田龍平


キャストが個性派ぞろいで面白そう♪と、気になって観に行ったこの作品。

クドカンでグループ魂で大人計画。

そりゃあある適度は期待していましたよ。

が。

この人たちのイカれぷりっと言ったら。

個性的、とかマニアック、なんて言葉じゃとても伝えきれない。

ド、変態。

それでも素晴らしかったです。変態バンザーイ。サダヲちゃんサイコー!

メカロックオペラと銘打ってるだけあって、バンド演奏に歌に踊りとエキサイティング。

スピード感あって、アドリブも満載。てか、どこまでアドリブなんだかわかんない笑。

いやー、楽しかった!

そして、今回新たに知ってしまったこと。

森山未来くんが素敵すぎる。

セカチューのサクで、いつも寝起きみたいな子だと思いきや。

めっちゃ機敏!運動神経バツグン!ダンス上手い!しかも歌える!

演技も堂々たるもので素晴らしく、加えて歌って踊れるときた日にゃー。

すっかり魅了された私達は、帰るや否や彼の次回作をチェック。

エンターテインメントの蟻地獄は深まるばかりです。。。

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2009.05.02 *Sat

「GOEMON」

公開初日が映画の日だったので、早々に観てきました。

噂には聞いていましたが、あの紀里谷和明氏の作品なだけあって、
もうこってこてのCG。アニメやゲームでも見てる気分になります。
それだけに大画面で見る価値はあるかも。

豊臣秀吉がすんげー悪役だったり、ストーリー的には、かなり現代風に
アレンジされていて、歴史好きには邪道に感じられるかもしれませんが、
おばかさんの私には、現代風でちょうどいいくらい笑。
ド派手で、ライブ感あって、そのスピード感が気持ち良い。

あとね、もうね、えぐっちゃん(=江口洋介さん)演じる石川五右衛門が
とにかくかっこいーのよ。映画の為に相当鍛えたらしいからねえ。
全体的を通してずっと描かれていた、五右衛門と才蔵の友情には
ちょっと胸が熱くなりました。

キャストは豪華絢爛な顔ぶれ、イケメン美女勢ぞろいです☆
出番は少なかったけど、五右衛門、才蔵、茶々の青年時代を演じていた
俳優陣もフレッシュながらも凛とした佇まいで素敵。
中でも、青年版才蔵役の佐藤健くんには、マイブームがきているので、
あーもう、才蔵このままおっきくならなかったらいいのになーとか
オトナ才蔵に失礼なことを考えたりした私。。。
ちなみに大人の才蔵役は大沢たかおさん。こちらも素敵な忍でしたよ。

目の保養したい人はぜひどーぞ。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

プロフィール

berry

Author:berry
せいそくち:Kobe
とくちょう :O型 うお座 火星人+
      動物占いはペガサス
      ぐうたら 器用貧乏

気が向いたときに更新してます。
気が向かなくなったら、突然更新しなく
なるかも知れません笑。
見逃して損することは全くありませんの
で、気が向いたら覗きにきてください。
コメントも大歓迎よ♪

e-mail : studioberry@auone.jp



カテゴリ

にっき (206)
たべもの (50)
すいーつ (21)
たび (25)
おんがく (42)
えんため (25)
えぴれーしっく (13)



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



グリムス

ブログエントリーでエコアクション!

エントリー(投稿)によって苗木が育ちます。。 大きく成長すると、実際の森へ苗木を植樹♪



QRコード

QRコード



月別アーカイブ



検索フォーム



Copyright © @studioberry All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。